富士登山の持ち物、ウェア

富士登山では、しっかりとした登山装備を揃えることが、登頂に大きく影響します。
装備リストを確認して、足りない物はレンタルをして万全な体制で登山に挑んでください。
ただし、色々と荷物をあれもこれも持ちすぎるのは、荷物を重くするだけですのでご注意をしてください。

お申し込み時に装備品リスト一覧表をお送りしますので、参考にしてください。

装備リスト(絶対必需品)

登山靴   撥水、浸透性のゴアテックス素材の、足首まで固定するハイカットタイプの登山靴が理想です。
スニーカー等は靴内に砂や小石が入りますのでお薦めできません。
ザック 容量30リットルから40リットルで登山用の物を使います、ザックカバーは必ず準備してください。
またザック内の荷物は、特に貴重品や変え下着類は防水パックやビニールで濡れない工夫が必要です。
レインウェアー 富士山を登る際に、一番重要で欠かせない装備です。富士山では風雨で足元から雨が吹き上がってきますので、ポンチョ等は避け、必ず上下セパレートタイプでゴアテックス等の浸透性で、登山用のしっかりした雨具を選びます。
俗に言う「コンビニカッパ」等の透明なビニール製雨具は、汗を発散しないばかりか、強風で破れますので間違っても使用を避けてください。
防寒着 富士山の山頂の気温は真夏でも、真冬と同じ5度前後です。
特に山頂での御来光を待つ時間帯は0度前後となり、更に風雨だと体感温度はマイナスとなります。
必ずフリースや化繊の防寒着、またはダウンジャケットをお持ちください。
ヘットランプ 夜間登山や消灯後の山小屋で必要となります。
手持ちの懐中電灯は、岩場を歩く際に邪魔になりますので、必ずヘッドライトを準備してください。
予備電池も必ず準備しておきましょう

装備リスト(必要な装備)

ストック 下山時の膝、腰の負担を軽減してくれます、登山用の伸縮性のストックが携行に便利です。
手袋 岩場を登る際や、登山中の防寒対策のため必要です、濡れても保温性のある化繊や防水タイプが適してます
帽子 昼間は日射病、夜間は保温のため必要です。風が強いので飛ばされない対策が必要です。
下着類 下着類の素材は綿類は汗をかいた場合、体が冷えます。化繊等の速乾性を必ず着用してください。
ヒートテックは濡れると保温性能は低下しますので注意が必要です。
女性はブラジャーはワイヤが無いスポーツタイプの物を着用してください。
ゲイター 下山時に砂や小石がブーツ内に入らない為、降雨の場合靴内に雨水が入らなくするためにあると便利です。
その他、あったら便利な物 サングラス、ウエットティッシュ、日焼け止め、耳栓、マスク、小銭(1000円分位)

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

powered by crayon(クレヨン)